足のムダ毛処理が原因でできてしまう色素沈着の改善方法

ムダ毛があることが気になる部分と言えば、足や脇、腕という人が多いのですが、中でも足は、季節に関係なくムダ毛の処理が必要な部分なので、自己処理をしている人は年中肌にカミソリやシェーバー、除毛クリームなどで負担をかけ続けていることになります。

 

足は、体の中でもムダ毛が濃い部分で、剛毛の人は大変目立ちますし、比較的毛が薄いタイプの人でも、自己処理をしなくて良いレベルまで薄い人は滅多にいません。多くの人が、年中、毎日か1日置き程度の自己処理を続けていることが多いムダ毛処理が過剰になりやすい部分です。

 

足のすねが粉がふいたように白くなる、という人が多いように、乾燥しやすい部分でもあります。乾燥している肌は、肌の細胞に含まれる水分が足りない状態になっているため、肌のバリア機能が低下し、肌荒れやさらなる乾燥を起こしやすくなっています。バリア機能は肌を自分で守る仕組みなので、バリア機能が低下した肌は、自分を守る機能が衰えているのです。

 

バリア機能が衰え、乾燥しがちな肌にカミソリやシェーバーの刺激を与えたり、角質表面を薄く削ってしまったりすると、肌は自分を守ることができずに肌荒れを起こしてしまいます。ムダ毛処理が原因でバリア機能がさらに低下し、カミソリ負けをして、肌が赤くなったり、ひりひりしたりする状態で、ひどくなると自己処理のたびに血がにじんできたり、かさぶたができてしまったりする人もいます。

 

カミソリやシェーバー、除毛クリームの刺激を与え続けたり、毛抜きでムダ毛を抜いて毛穴に負担をかけ続けたりしていると、肌はさらに自分を守ろうとしてメラニン色素を作り出すようになっていきます。紫外線の刺激から肌を守ろうとして肌が黒くなるのと同じ仕組みで、肌に負担をかけたことが原因の色素沈着をするのです。

 

ムダ毛処理が原因の色素沈着の改善方法は、肌に負担をかけないこと、つまりムダ毛処理を辞めることが大切です。ムダ毛処理をしないのが改善方法、と分かってはいても、スカートやクロプトパンツのおしゃれを楽しみたいし、きれいを目指している女子にとって、足のムダ毛がわさわさ生えているのは、かなり厳しいものがあります。

 

ムダ毛処理が原因の色素沈着ができてるときや予防したいときには、脱毛をすることがおすすめです。脱毛をすると、ムダ毛処理をしなくて良くなるので、肌荒れや色素沈着の原因になる肌への刺激を大幅に減らすことができる上に、脱毛に使う光には、美白効果があるので、できてしまった色素沈着が目立たなくなるという嬉しい効果も期待できます。

 

また、ムダ毛処理による乾燥がおさまってくると、肌は潤い、肌本来のバリア効果を回復させることができるので、肌がきれいになったり、きれいな肌をキープすることができるのです。脱毛は、色素沈着の改善方法として大変優秀なのでおすすめです。

 

足の色素沈着を解消してくれるクリームのランキングはこちら >>