MENU

ムダ毛処理が原因の足の色素沈着とは

ムダ毛処理が原因で、足に色素沈着が発生してしまうことがあります。処理による影響ももちろんありますが、処理を行った後に紫外線を浴びることでもリスクが高まります。紫外線を浴びるとメラニンの生成が活発になり、排出能力をこえた分はいつまでも肌に留まることになります。長く留まれば留まるほど色素沈着になる可能性が高くなります。

 

紫外線が主な原因となっている場合には、足のムダ毛処理を行った後は特に紫外線対策を徹底しなければなりません。また、ターンオーバーの働きを高めて、生成されたメラニンが順調に排出されるようにすることも必要です。

 

紫外線だけでなく、足のムダ毛処理を行う際に与える刺激が原因となることも多々あります。ムダ毛処理を行う際に気付かないうちに皮膚に傷をつけてしまったり、毛穴からバイ菌が入って炎症を起こすことでも色素沈着が発生してしまいます。ムダ毛処理を行う際には紫外線を浴びやすい部位であるということを考慮して、なるべく回復の早く方法を選ばなければなりません。

 

既に足に色素沈着が見られるという場合には、自己処理を繰り返していると悪化させてしまう恐れがあります。繰り返し皮膚に負担をかけることが主な原因となっていますので、エステやクリニックで本格的な永久脱毛をしてしまった方が安心です。ムダ毛が再生してこないような状態を作ることができれば、バリア機能の弱まるタイミングがありませんのでリスクが低くなります。