MENU

足のムダ毛処理後に起こりやすい色素沈着の症状とは

足のムダ毛処理を行った後、色素沈着を起こしてしまうことがあります。色素沈着とは、様々な刺激によって生成されたメラニンが上手く排出されずにいつまでも残ってしまい発症する症状です。メラニンの生成をゼロにすることはできませんが、順調に排出されれば色素沈着のようなトラブルを起こすことはありません。

 

このような症状が現れるのを回避するためには、ムダ毛処理の際に皮膚に負担をかけないように細心の注意を払う必要があります。どこのムダ毛処理を行ってもリスクはあるのですが、特に足は外部との摩擦が起こりやすい場所ですし、紫外線もよく浴びる部位です。

 

また、足は人目につきやすい部分でもありますので、徹底したムダ毛処理を行いたいと考える人も多いようです。それが過度な刺激につながり、色素沈着の症状を悪化させてしまいます。

 

安全に足のムダ毛処理を行うためには、永久効果のある方法で処理を行ってしまうのが一番です。毛母細胞の働きをストップさせて再生を止めればその後の処理が必要なくなります。最近では肌に優しい施術も登場していますので、安全に永久脱毛を行うことができるようになっています。

 

できてしまった色素沈着は、通常でも肌のターンオーバーにより薄くなっていきます。しかし、その間に新たな刺激を受けてしまうとメラニンが生成されてなかなか改善されません。本格的に改善するためには美白用や肌細胞を活性化させる作用のある化粧水を利用します。